文章の書き方の本!初心者にもわかりやすくてオススメなのはこの2冊

おすすめ本

メールや手紙、レポートやブログなど文章を書く機会けっこうありますよね。でも書き始めたばかりで手が止まってしまい、なかなか書き進めず困ってしまうことって少なくない。

あ~もう!文章が書けない!書き方がわからない!誰か教えてくれ!っていう方にオススメの1冊はコチラ「新しい文章力の教室  唐木 元 」

月3000本以上もの記事を配信しているニュースサイト、ナタリーも記者さんの多くは最初ライター未経験者だったとか。それでもトレーニングを積んでいくと書けるようになっていくわけですね。
この本は書く前の段階から、用途別のテクニックまでわかりやすく書かれています。

  • 書く前の準備が大切
  • 良い文章とは完読される文章
  • 伝えたいことが伝わる文章を

あとは書いてみるのみといったところでしょうか。

そしてもう一冊は「10倍速く書ける 超スピード文章術  上坂 徹」

「1日300字」の遅筆家を
「5日で本1冊」の爆速ライターに変えた全技術

5日で本1冊ってすごくないですか?

こちらの本にもいきなり書くのてはなく素材集めが重要だと書かれています。素材を集めたら、それをつないでいく。
書く前の準備がいかに大事かってことですね!

さすが書き方についての本だけあって、どちらも初心者にも、とってもわかりやすい内容!なおかつ実用的なのでオススメです。

コメント