ペダルなし自転車・三輪車・補助輪付き自転車で迷ったらどれを選ぶ?

子育て

子どもって乗り物大好きですよね。うちの子も、スーパーに行くと乗り物型のカートに乗せるとご機嫌で買い物に付き合ってくれたのでだいぶ助けられた記憶があります。

2歳くらいになると、そろそろ自分で動かせる乗り物を買ってあげようかと考える方も多いのではないかと思います。

うちも2歳前くらいだったと思います。乗り物選びで候補に上がったのはこの3種類。

  • ペダルなし自転車
  • 三輪車
  • 補助輪付き自転車

で、いろいろ考えた結果、ペダルなし自転車にしたのですがよかった!思ったよりだいぶ活躍してくれて、ほんとボロボロになるまで乗り倒しました。

ペダルなし自転車をおすすめする4つの理由

持ち運びがらくにできる

これはとっても大事なポイントですよね。軽くてコンパクトなので、車にヒョイっと乗せることができます。少し遠くの公園に行くときなども重宝してました。

大人なら片手でらくらく運べるので、子どもと手を繋いで、ペダルなし自転車を乗れるところまで運ぶのもらくらくです。

場所をとらない

折りたたみはできないものの、コンパクトで幅もとらないので収納スペースにも困りません。少しのスペースで置いておけるのが助かりました。

子どもが小さいとお出掛けの荷物も、多くなりがちですよね。

私はあれもこれも持って行ってしまうので旅行かよ!ってくらい大荷物を車に乗せてましたが、ペダルなし自転車はそう大きくないので、車に積むのも苦労しらずでした。

長く使えるのてコスパがいい

2歳くらいから5歳くらいまで三年くらいは乗り倒しました。実は、その間に補助輪付きの自転車も買ったのですが、乗り慣れてスイスイ進める、ペダルなし自転車の方が乗りたがり、結局ペダルなし自転車ばかり好んで乗っていましたね。

自転車の練習になる!

一番のメリットはこれではないかと私は思います。自転車乗れるようになるのって結局バランスの取り方ですよね。

ペダルなし自転車なら自分の足で地面を蹴り、バランスを取って進んでいくので、遊びながら自然にそのバランスがついていくのではないかと思います。

自転車の練習で親子で苦労した話なども聞くのですが、ペダルなし自転車のおかげかうちは少し練習したら、拍子抜けするほどすぐに自転車を乗りこなしていました。これには正直びっくり!

ペダルなし自転車に乗せていると、自転車の乗り方を覚える時に楽だとは聞いていたのですが、本当でした。

わが家では子供に買ってよかったもののひとつです。

デメリット

デメリットと言えることといえば、ブレーキがないことですかね。

自転車などについているように、ブレーキはついていません。

自分で感覚をつかんで止まるので、うちではブレーキがないことはあまりデメリットとは感じなかったのですが、広いところで慣れてくるとスピードも出すのでヒヤヒヤしたことはあったと思います。

コメント